読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パレード

ことばがただパレードしている、そんな場所

ゼロ・グラビティを見た。感想。

映画はほとんど見ない。劇場に行ってみるのは年に2~3本程度。3Dものはこれがはじめて。アバターも劇場で見たけれど2Dで見て感動してたら「なぜに二次元でとどまった」と怒られたりしました。や、あの青い女の子2次元でもかわいかったよ・・・。

鑑賞前にホールで踊っている人たちがいた。後ろにゴスペルの人々でひたすらクリスマスソングを歌っていた。ベンチで昔の同僚が子どもを抱えて寝ていた。ひさしぶりだったけれど声をかけることができなかった。

 

最近何を見ても村上春樹さんの短編の「アイロンのある風景」を思い出す。

とりあえず、それでも生きることをあきらめられないことを認めよう。

 


Glee - Defying Gravity - YouTube

 

じぶんの中ではこの曲がずっとエンディングで流れていた。重力つながりで。