読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パレード

ことばがただパレードしている、そんな場所

襟足長々男はどうしてそのような髪型にするのか

先日、車の定期点検で車やさんに行ったときの話。

週末なこともあり、混んでいた。

そこでひときわ大きな声が聞こえるブースがあった。

 

20歳後半から30歳前半くらいの、金色と茶色と黒が混じってパーマでもじゃもじゃしていてなおかつ襟足が長いという奇怪な髪型をしている男が、たぶん奥さんなんだろう、金髪の女と一緒に営業の人にいろいろ言っていた。

 

聞きたくないけれど聞こえるのだ。

 

内容は

「自分の友達は○○を買って~!!」(大声)

「でも先輩が言うには~!!」(大声)

「でもテレビでは~!!」(大声)

 

こんな感じ。

周りに聞かせたいのだろう大声で。

誰も注目したくないのに聞こえる。

 

まあ最初は言わせるだけ言わせる作戦だったのか、次第に営業さんの手腕が発揮され

だんだん営業さんの言うことをその襟足長々男は話を聞き始めて

へんな髪型の男は「ふーむ」なんて言いはじめてだんだん声が小さくなってきて結局丸め込まれて新車買うことになっていた。

さすがだ営業。すごいな営業。よくやった営業。

 

しかしなぜ彼はなんであんな変な髪型にしていたのか。