パレード

ことばがただパレードしている、そんな場所

日常がわたしを救う

「先生、いぬ、好きですか?」

 

もしかして子犬が産まれて飼ってくれっていう案件(いぬはあまりないけれど、ねこはしょっちゅうある)かしらと警戒しながら

「…とても好きだけれどもう当分飼えないよ…」

というと、その子は涙目で

「うちの犬が昨日死んだんです」

っていう。

ああ。

 

もも、を思い出す。

写真は、もも。

 

「幸せだったのか、わからなくて」

「うちで飼われてよかったのかなって」

「ごはんを食べられなくなったらあっという間で」

「今日授業中もそのこと考えたらもう涙が止まらなくて」

 

うん。

うん。

 

一緒に泣く。

ひさしぶりに、もも、を思い出す。

 

 

もも、は幸せだったのかなあ。

でも、わたしはももと一緒でとても楽しかった。

わたしは彼女を、とても好きだった。

それ以外、何もないのだと思う。

 

 

あのときのひりひりした気持ちがよみがえって、目の前に女の子が泣いていて、うん、うん、いいながら一緒に泣いて、そんな日常がわたしを救う。

 

 


今朝飼い犬が亡くなりました - パレード

もう2年以上前になる。