パレード

ことばがただパレードしている、そんな場所

ホッチキスの針は突然なくなる

ホッチキスの針って突然無くなるよなーって。

書類閉じてて、ホッチキスの針がなくなるときに、毎回思うの。

ホッチキスの針って突然無くなるよなーって。

まあホッチキスの針側としては突然じゃねーよって言う。

ひとつ閉じられるごとにひとつなくなっていくわけだし。

でも、こちら側は

「突然!?」

って毎回。

毎回思う。

そのときの衝撃をやわらげるために、多めに針を入れるんだけれど

でも災害(災害?)は忘れたころにやってくる。

 

「…!今!?」

 

みたいな。

あの

 

「すか」

 

っていう跡だけを残して、何も閉じられていない、ばらばらになった、そのもの。

 

 

それがいやで、こちらとしては気を使ってホッチキスの針が間に合ってるかしら間に合ってないかしら足しておこうかしらどうかしらとかやりながら、腹いっぱいだよとか言われながらホッチキスの針を足してるのにもかかわらず突然やってくる、

あの。

 

ないよ

 

っていう。

 

「すかっ」

 

 

同じようなのに視力の悪い人だったらわかると思うんですけどコンタクト洗浄液。

こっちはホッチキスとは違って死活問題。

10年以上お世話になってるんだけど液体系の物質の中では1、2を争うほどあとくされがない。付き合うならコンタクト洗浄液みたいな人がいいと思うほど、ない。

だって

「あと1回分くらいあるかなー」

って思うと、

ぜーったい、

ない。

1回分ない。

レンズが干からびる程度しか、ない。

 

重さ?

一回分、ひとつひとつなくなったホッチキスの針の重さをこっちが感じる程度の重さだったなら、たぶんあと一回だなーって思うんだろう。

同じくコンタクト洗浄液も。

でも、ホッチキスの針も、コンタクト洗浄液の1回分も、

それを感じ取れない重さ。

これくらい大丈夫だろう、あと一回分くらいあるだろう、っていう、重さ。

 

ヴェーバー‐フェヒナーの法則 - Wikipedia

 

 

もうさ、叫んでくれ、言ってくれ、あの、声高に叫ぶことって大切だよーって、言いたい。

わたしはここにいまーーーーす!もうたりませーん!

っていう。

彼女たちの時代じゃないけれど、全力でさ。

お願いだから声高に主張してほしい。頼むから。

 

でもわたしの指ではホッチキスの針があと残り1つだって気がつかなくてね。

気がつかなくてつい

「すかっ」

っていう。

 

言い訳すれば、ホッチキス職人じゃねーし、って思う。

 

全知全能じゃない自分のふがいなさを思ったりするのであった。ごめんねホッチキス。