パレード

ことばがただパレードしている、そんな場所

川原毛大湯滝温泉をただ見に行く

川原毛地獄に久しぶりに行ってその後大湯滝温泉をただ見に行ってきました。

入らなかったー。

 

 

地獄はとても天気がよかった。

下から攻める道は現在工事中なので地獄を下るしかない…!

むちゃくちゃよいお天気。

下から登ってくる方がちらほらいることに勇気づけられます。

しかし下るのもきついほどの下りなので登りはさぞかし大変だろうと思われる。

途中であった方がお風呂でも入ってきたのかな…?くらいの勢いで汗だくだったのですがあいさつがてらに

「ゆっこさはいってきた!」

と言ってきて、そうだこの先そういえば湯っこがあったのだ!行ったことないけど!と思い出していくことにしました。

行きが10分で帰りが15分。わたしの足だとその倍だなああと帰りはすっごい登りなのね、と覚悟して行くことにする。

落ち葉がすごいんだけど、いちばん怖いのがこういう落ち葉の下が岩でつるりと滑るのがこわい!

とても高さのある階段をとても降りると(次の日の現在おしりが筋肉痛だ)

脱衣所もある。けれども川を渡らなくてはならない…。

タオルも持ってきていないので手を入れるくらいにしましたらちょっとだけぬくい。

確かに温泉。しかし証明できないので今度から温度計とpH試験紙とペットボトルをもってこようと誓いました。夏場はいい感じの温泉らしい。無料…!

帰り道はすごい登りで、ハウルの動く城の荒れ地の魔女になりながら(わかるかな)帰りました。

もうすぐ紅葉も終わります。

長い冬が始まります。