パレード

ことばがただパレードしている、そんな場所

女の性器は誰のものなのだ

結論としてはわたしの性器はわたしのものなのだけれど、でも他人の性器って見たかったよ。この後性器性器と性器のことばかりなので読みたくない人は読まないでね。

写真は台湾高雄の蓮池潭の慈濟宮の狛犬。こっちは女の子だった。

 

 

 

 

ろくでなし子さんの報道 完全な情報操作です! : 長谷川豊 公式ブログ 『本気論 本音論』

自身の局部を3Dで印刷して配布 お縄の自称芸術家「ろくでなし子」 (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK

ろくでなし子さんの逮捕に思う | 庶民の弁護士 伊東良徳

【追記あり】自らの女性器の3Dプリンタ用造形データを配布したアーティストのろくでなし子さんが逮捕、釈放を求める署名活動も | BUZZAP!(バザップ!)

ろくでなし子、性器は「手足と一緒」 - 社会ニュース : nikkansports.com

 

 

わたしは女なのですが、他の女性の性器というものを見る機会がまったくありません。幼いころにインターネットはもちろん無く性器に関してはぼかしたりモザイクをかける出版物が主だった時代に育っているため、具体的な女性の性器の形の知識なく育ちました。自分のそれ以外は実際に見る機会もありません。なぜならば女の性器というものは陰毛に隠れておりぐおおと目の前で開いてもらわねば詳細はわからないものでそういうシチュエーションはなかなか(っていうか絶対)ないものであったからです。これは今でもそうでしょう。まあこのへんの知識を補完する意味で地方の性器をかたどったお祭りがあるんじゃないのとも思えるのですが、自分の地方にはなかったです。

今は調べようと思えば本物の女性の性器に関して詳細な写真を見ることができます。とてもよい時代だと思います。

 

なぜわたしは他の女の性器がそれほどまでに見てみたかったのか。じぶんは特別なのではっていう中2病?の変形なんだと思うんだけど、小学校の後半あたりから自分の性器の形が一般のものとは異なるのではないか、自分は女ではないのではないかと相当真剣に悩んでいました。しかしそれを調べるすべもなかった。誰にも相談できなかった。しょうがないので辞書を読んで現代用語の基礎知識を読んで図書館に通って言葉の説明をかき集めました。結論としてはたぶん女である、しかし女でも男でもない何かである可能性も0ではないかも、というものでまあ年頃としては後半のあやふやさが魅力的であるわけです。まあそうこうしているうちに初潮を迎えたので外観的には多少の問題があろうとも内面的にはたぶん女であるということでじぶんの中では解決し、今に至ります。

 

あの時、日本人の女の性器100選なんていう写真集があったらどんなに救われたことでしょう。みんなちがってみんないい、と目で見て確かめることができたらどんなに救われたか。

 

なのでこのニュースで、この方の活動を知り、なんていいことなのだろうと思ったのでした。少なくともわたしはこういう活動があったならばとても救われただろうと確信しているのです。

 

ちなみにこちらは男の子だった。