パレード

ことばがただパレードしている、そんな場所

秋田犬の温さんとそのこいぬを見に秋田県大館市のふるさわ温泉に行った

秋田県大館市にあるふるさわ温泉には看板犬の温(はる)さんと1ヶ月前に生まれたばかりのこいぬ6匹がいるので(こいぬは7月はじめにはほとんどいなくなるらしい)見にいってきたんだけど温泉も食事もなかなかよかったし大館結構秋田犬いるなーっていう印象でした。

 

こちら看板犬の温(はる)さん。まだ1歳ちょっと。とてもおとなしい。

産後ダイエットには見事成功。

そしてそのこいぬたち。

ずっと見ていたい。こいぬなのにこのサイズ感。

7月1日(日)に大館能代空港で「秋田犬鑑賞会」があり、その前後でお見合い相手に一部引き取られ、こいぬたちは各地に散らばっていくらしい。ドラゴンボールみたい。

www.dodasuka.com

温泉はこちらです。正直秋田犬がいるとわかっていなければまず宿泊することはないだろうなあという立地条件なんですが、温泉のお湯とお食事

とアットホームな雰囲気とマンガ!(成田美名子先生のAlexandrite田村由美先生のBASARAが全巻そろっていて全部読んでしまった…サッカー待ちの間に…)と清潔なお部屋でしてまた行きたい。

 

そして大館市はそれなりに秋田犬に会える場所で

大館駅前にある秋田犬ふれあい処では平日なら飛鳥ちゃんかあこちゃんがいてふれあえます。

この日はあこちゃん。

 

また秋田犬会館でもいつも秋田犬が何頭かいて、平日だと勤務されている方が飼われている秋田犬を見ることができます。

上には博物室(200円)もあって結構おもしろいです。マタギ文化と秋田犬だとか。

しかしこの忠ハチ公いつ見てもでかい。

 

秋田犬といえばザキトワさんのもとにいったマサルが一番今思い浮かぶと思うんですけどわりと県内は「行け、行け、アキタ」のポスターがあちこち貼られててこれがまためんこいんですよね。

https://www.akitafan.com/ike-ike-akita/

でその中でもずいぶん過酷なことを…というのがこれ。

六郷の竹打ち(画像検索すると成田闘争かな、と一瞬思う)なんですけどね。次の日高校生が傷だらけで登校する終わった瞬間次の年の竹打ちのことを考える等行ってみたいけどとばっちりうけたらやだなってまだ行ったことない。見てみたいんだけれどもー。

 

大館駅は花善の鶏めし弁当が有名ですが駅前に食堂もあってそこで鶏めしカレーを食べたり

顔はめをしたり(何に顔がなっているのか不明)

このお茶を知っている人の年代はきっと限られている!!(知っています)

見学したりして

その後、昔、教え子に「いいところあるからー!」と連れて行かれた神社を訪問するなどしました。

何をおもっていいところなのか。

ちなみにこの石に水をかけるといいことがある、ということでしっかりぶっかけたのを覚えています。今回もちゃんとばしゃばしゃぶっかけました。

わたしはingressというゲームのエージェントでポータル申請ができる立場にあり、それはもしかしてポケモンGOポケストップにもなるかもしれず、いつかそんなゲームしている人が偶然ここにめぐり合ってなんじゃこりゃああ!!と思ってほしいなあ、と申請しました。

 

ラストは秋田犬会館の「ゆき」ちゃん。

どこかにマイルで鹿児島に行ってきました

JALマイレージで「どこかにマイル」っていうのあるんですよ。

どこでもドアみたいだった。

そして鹿児島に行ってきました。

 天文館むじゃきのしろくまを食べに…!まあそれ以外も。

 

JALで6000マイルでどこかにいけるんですよ!

東京もしくは大阪からなのですが。(秋田からのもあったらいいのに!)

www.jal.co.jp

6000マイルでどこにいけるかってばどこにも行けないんですよ。普通。

しかしながらこの制度を使えばどこかにはいける。

何この桃太郎電鉄のぶっとびカード!

2月はディスカウントマイルもあるので秋田→東京間もそれ使えるとなれば動くには絶好の機会。

ただ問題は自分秋田に住んでるので東京からどこかってなったときにばーばーん!あーきーたーああああ!だったりするととてもつらい。二往復か!っていう。

でもこのこのどこかにマイル、何回もくじ引きできる。

最終的に4箇所にしぼられて、で、それでよければそのどこかに行ける。

まあ何回も引きますよね。秋田だとか青森だとか小松だとか(小松もちょっと近い)がでてこない関西方面そしてじぶん行ったことない4箇所になるように。一日に引ける回数は決まってるみたいだけれど何度かやったら鹿児島宮崎大分熊本という九州行ったことない自分としては最高になったのでそこで申し込みして次の日には鹿児島に決定になりました。すごい早くてびっくり。

 

きびなごとか

桜!とか

とりわさとか

温たまらん丼とか(指宿)

とてもガソリンスタンドっぽいお食事どころ。めんこい白熊があった。

f:id.mifasorashido:20180227201420j:image

佐多岬は新展望台までは道があるのですが「いのしし、見ました!?」なんて前方を行く方から声をかけられる実際そんな雰囲気。みたかったー。

そして日本本土四極という概念があることを知りました…。いつかいきたいー!

 

亀石…!

 

出発地はマイナス10℃でした。

 

あっという間の4日間でした。温度差25℃!あったかいのと言葉のイントネーションが南部弁っぽくて(秋田だと花輪だとかそのへん)あとみなさん親切で、楽しかったなあ。せごどんせごどんな雰囲気満載。西郷さんがらみの観光はする時間がなかったー。

東北からするとひとつの県がこぢんまりしていて意外といけるな!とレンタカーでぐるぐるして楽しかったです。

またマイルためてどこでもドアでどこかに行きたいー!

植山かまぼこ屋さんで買ったさつま揚げがめちゃくちゃおいしかった。

 

 

2018年センター試験化学

毎年センター試験解いているとある種の至福が訪れる。こんな時間をかけて作られる問題も最近ほとんどないから。それ以前のところでやらされるなんとかパックなんてやっつけもいいところでひどい問題ばかり。

 

正誤問題なんてその最たるものでああこの問題はこのことを問いたい、でそれ以外はあとに付け足した問題なのよね、わかる!ってのがある。

所詮は教科書の範疇を超えられないのです。ムーミンしかり。しかし教科書の範疇をこちらの常識内で自由に飛び回るような、すてきな問題が多い。

 

2018年化学でいいますと第1問問3などは六法細密構造を問う問題ですがご丁寧にいいですが1分の1は実は体心立方格子ですよ?と言っている。じゃあわかるわけです。その後の問4もグラフをちゃんと読めればあとはプロットすればおのずと答えにいきつく。

第2問の問4は燃料電池という一見して暗記してない!とパニックになりがちですが結局のところ半反応式を丁寧に書いてくれているのでファラデー定数とクーロンの関係がわかってさえいれば答えがすんなりでてくる。

 

特に正誤問題に関しては、確実に間違っていることを問うための間違いさがしであったり、確実に正しいことを問うために他の4問が用意される問題であるので慣れてくるとああこの問題はアルカリ土類金属の硫酸塩は水に溶けにくいのをききたいための問題なのね、など見えてくる。

 

後半になるとそれがとても顕著なので後半になるとほんとやさしいです。

たとえばケトンは還元性を示さないだとかフェノール類は演歌鉄(Ⅲ)にたいして呈色反応を示す、などなど。

 

化学基礎ですと第2問の問7などは答えは4、なのですが下線部に誤り、といわれた時点で下線部以外は正しいわけですよ。で、「一次電池」という用語がある時点で、たぶん「二次電池」もあるのだろう、だとしたら一次と二次の違いはなんだろう、となるわけです。で後半「ノート型パソコンや携帯電話などに使われる」とでてくる。じゃあ一次と二次って?って勉強してるわけですが充電できるか否かなわけです。なので他の問題を見るまでもなく、この文章には矛盾があるなと誤っているなと感じられる構造で、ある意味化学の知識がなくても国語力だとか一般常識で解けていく。

 

まあ今年も楽しく解かせていただきました。

来年はどうなるのかなあ。

 

 

カルピスの「南国マンゴー」をカレーにいれるとおいしい

題名のとおりです。

 

暑い夏加熱時間が長い料理したくないけれどもカレーは食べたいし夏野菜があるぞーっていうときあるじゃないですか。まあみじん切りする。親のかたきじゃあああとか言いながらみじんぎる。でひき肉とかと一緒に適当にいためる。

個人的にセロリを入れたい。

だいたい炒まったなあって思ったら

ヨーグルトとか

カルピスの「南国マンゴー」を

どばー。

わりとじぶんで引くくらいでいいです。

 

うまい。おすすめ。

2月の京都

ディスカウントマイルな期間だったので京都に遊びに行ってきました。

主な目的はingressと写真を撮ることだけな仕事抜きな京都。

よかった。

 

 

縁切りで有名な安井金比羅宮は以前同僚が結婚前にどうしてもと行きましてその後円満な家庭を築かれているのでいろいろ効果ありそうだなあと思って興味本位で行ったんですが、じゃあ何と縁を切る…?となったときに「…お酒との縁をほどほど(!)に…!」なんていうえっらい中途半端なものしか思いつかず(まだ飲みたいので)所詮こんなもんだよ!なんて思ってあのトンネルをくぐるために並んでいたところ、だいたいのお札、絵馬それぞれとてつもないポテンシャルを持っておりジロジロ見入ってしまうほどでした。ごはん食べれそう。でもその中に

 

「すきな人がしあわせになりますように」

 

という絵馬を見てしまいああああ世の中こんなにもきよらかな、こうありたい願いをここであえて書くことができる人がいるというのにわたしときたら…と反省しきりでした。まあ願ってくぐりましたが。そして今飲んでますけど。体調よいので。

 

伏見稲荷は平日早朝ですとそれなりに空いててよかった。

いろんなおもしろいお宿があって銭湯も充実していて銭湯入ったといの疲れの飛び去り方が半端なくてドーピングみたいなので今後も取り入れていきたい。次は京都タワーで朝風呂にチャレンジしたい。

楽しかったー。また仕事ぬきで行きたい。

 

50点くらいの人

全体の平均点60点で、でコンスタントに50点くらい取る人になりたい。

kyoumoe.hatenablog.com

fujipon.hatenablog.com

 

この辺読んで思ったんだけども。

 

思春期に多いのですが、0か100か。

実際一緒に働くってなると、0か100かなんて人はめんどくさくていやだ。完璧な働きっぷりをしていていつか糸が切れたようにいきなり2週間~2年くらい休む人、いる。以前働いていたエリアでは頻繁に起こっていて今働いているとこではほとんどないので特殊なところだったのだろうけれど、まあうちらの職場でそういうことになりますと「突発的な自習」の連発になるわけで、できればあーもーこの人なんなのー!!この人40点だよ!!とか思ってても毎日来てそれなりにのらりくらりと仕事をしてくれる人で休まない人のほうが一緒に仕事する分には楽。子どもらだってそのほうがいいみたいです。呪詛することができるから。なので自分は毎日の働きっぷりが40点から55点くらいででもまあ毎日いる人になろうかなあと思うし、子どもらにも最低限そうなってほしいなーって思ってる。で、そういう人になったほうがお互い楽に仕事をしながら生きていけるんじゃないかな。全員がそれだとお互い心の中でののしったりしそうだけど。

まあしかし日々の自分が40点くらいだと平均60点の世界ではいろいろ劣等感感じるときも多いと思う。きっついこと言われることも多いだろう。でもまあそれでもへこたれずにへらへら笑いながらずっと40点以上、50点くらい取るでいいんだよ。俺は本当は本気をだせば100点なんだよ!ということで4月5月はそれをたたき出してやっぱり無理ですってのは年平均でいえば毎月50点でしたって人よりは低くなるでしょう。

 

上司に厳しいことを言われた、理不尽なことをいわれた、あります。自分の力不足、理解不足、あります。でもまあその上司そのものって平均何点くらいなのってのも見ないと。伝え方が下手だったり、気分まかせの言動だったり。そりゃ常に100点だとか80点の人がたくさんいることが一番彼らにとっては都合がいいんだけれど、それだけだ。

なので、へこたれない、平均50点くらいの人になりたい。なろう。と日々努力している。よく自由だなあって呆れるように言われる。それにたいしてはありがとうと心から言う。そんな50点くらいの人になりたい。

バレンタインデーにふ○○○

今週のお題「バレンタインデー」

「ふんどし」、と

d.hatena.ne.jp

 

「ふくろう」、

d.hatena.ne.jp

 

お好きなほうをよかったらどうぞ。

ハッピーバレンタイン!遅くなったけど!